35歳の私の顔のお肌はおばあちゃん

娘に言われた悲しい言葉

先月法事で関東地区へ10日間行っており、ホテルと親族の家と連泊していました。

親族の家で4度ほどは自炊していましたが、残りは全てレストランやカフェ、ホテルの食事と外食をしたり、コンビニやスーパーの惣菜やパン、手軽に食べられる物を購入し食べていました。

こんな食事続きで胃腸の負担がものすごく心配でした。

しかし、その土地の野菜が大変美味しく、心配をよそにお通じも良かったので、とにかくその時は安心していました。

自宅へ帰宅してから体重計に乗るとそこまで増えておらず、とりあえずリセットを兼ねてしばらくは質素で消化の良い食事をしようと決めて実践していました。

数日後、娘が私の顔をじーっとのぞき(お母さんのお顔、何だかおばあちゃんみたい。何かついてるよ)と驚く事を言ったのです。

帰ってきてからはたまっていた家事に終われ、まだまだパタパタと忙しくしており、鏡をゆっくり見る時間なんてありませんでした。

しかし、何となく知らないふりをしていましたが、とうとう乱れた10日間の食生活によるしわ寄せが、きてしまっていました。

スキンケアで悩んでいたので

当時、私はお肌がすっきりしなくて悩んでいました。洗顔はきっちりしているですが、ちゃんとは化粧も落ちなくて。

そこで目についたのが「ネオちゅらびはだ(http://www.ishd2017.org/)」。なんか沖縄っぽくてなんか気になっちゃって。クレンジングなんだけど、これを使ってみたら以外にも良かった。

厳選成分として、シンエイク、アルジレリン、ネオダーミル、トリプルヒアルロン酸が入っているのが私のお肌に合っているみたい。

多く出てしまっている吹き出物を治すには

認めざるをえず、鏡を見てどのように荒れているかをチェックすると、悲惨なことに顔の至るところにポツポツ吹き出物があり、治すまで日数を要するなと暗いテンションになってしまいました。

それでも出来ることからと思い、まず始めに野菜を多く摂るようにしました。

次に、消化の良い柔らかめのご飯を摂るよう心がけ、調理油を減らし、調味料も極力使わないようにしました。

勿論1日3食の食事以外の間食は禁じました。

それから、1日に数時間おきのストレッチと腹筋をし、いつもより1、2時間早く就寝し、睡眠時間を増やしていった結果、現在進行形で少しずつではありますが、吹き出物がひいていっている状態になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です